海外事業

近年の海外の寿司ブームにより、海苔は日本国内だけで食される食品ではなく、世界中の方が食べる食材として広がってきております。
また、今後の日本の海苔養殖状況を考えると日本国内だけでまかなうのが難しい日がくるかもしれません。
海苔を扱う当社としては、よりたくさんの世界の方に海苔を召し上がっていただくと共に、日本への輸入の窓口と海外への販売を目的に、国外に生産拠点と営業拠点を配置しております。

生産の拠点として、(中国)南通協和食品有限公司、(韓国)KOZEN KOREA CO.,LTD. (台湾)台灣小善食品股份有限公司を配置しております。

営業の拠点として、(米国)KOZEN FOODS INTERNATIONAL, INC.を配置しております。

当社は、海外での海苔の生産、海外への輸出、日本への輸入とお客様のご要望に応えられる体制を整えております。

中国/CHINA

南通協和食品有限公司

一千年以上の昔から珍重され、日本人の暮らしにとけ込んでいる伝統食品である「海苔」を世界70億人の方々に食していただきたいという理念をもとに、2003年9月に江蘇省に設立いたしました。
我々は「培養事業」、「養殖事業」、「乾海苔製造事業」、「海苔加工事業」、「保管」、「販売」、と原料から最終製品までの一元管理された一気通貫生産システム:IMS(An Integrated Manufacturing System)を導入しております。
大きな目的としては、「顧客満足」、「SCの効率化」、「需要変動の迅速な対応」などの重点項目の可視性向上を目指しております。
そして、すべてが自社管理の為、品質面での強化を図ることが可能で、安心・安全の食品管理をしております。
また、何か問題が発生した場合の原因究明が独自で早急に行なえる消費者の安心の確保ツール「食品トレーサビリティーシステム」を構築しております。
このシステムにより、お客様のニーズのフィードバックで新たな商品開発もスピーディーに対応することが出来ます。

南通協和食品有限公司

我々は中国で養殖場3,064,000㎡、一次生産工場40,000㎡、二次生産工場25,000㎡と中国国内最大の規模で展開している「南通協和食品有限公司」にて海苔を製造しております。
品質面では既に取得済みのISO9001とISO22000、HACCPに裏づけされた優れた品質保証商品をご提供させていただいております。
また、2015年8月11日に、BRC(食品)規格を取得いたしました。品質のみならずセキュリティ等の面でも、お客様に安心して商品を供給させていただきます。

※BRC(食品)規格とは、1998年、イギリスの小売業者団体である英国小売協会(British Retail Consortium:BRC)が、所属する英国小売業者のため、PB商品サプライヤー監査の要求事項を編纂し、開発した規格です。
そのため、BRC(食品)規格は、HACCPをコアとした食品安全マネジメントシステムのみならず、品質やセキュリティ等の側面を含む、食品製造業者としてのデューデリジェンス(注意義務)要求事項がバランス良く網羅された規格となっております。

IMS 一気通貫生産システム
ISO

韓国/KOREA

KOZEN KOREA CO.,LTD

KOZEN KOREA CO.,LTDは、2002年4月に京畿道で「品質には人格を」「顧客には感動を」という企業理念のもとに設立いたしました。
現在は、韓国内の最大手コンビニエンスストアへの販売と、日本、米国、英国へ向けての乾し海苔輸出や韓国味付海苔の製品輸出をメインにしております。
品質面ではHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)の品質システム認証を取得し、徹底的に品質を改善することにより、安心・安全の食品製造で顧客の皆様の期待に答えられる様、日々努力をしております。

KOZEN KOREA CO.,LTD
ページの先頭に戻る