会社案内

ごあいさつ

代表取締役社長 小林善昭

経営の基本 皆様に「信用・信頼される企業」

当社は1894年に海苔問屋として創業いたしました。
以来、日本の食文化を代表する海苔を中心とした総合食品商社として歩んでまいりました。

現在は、国内に3工場、4事業所を展開しております。
海外においては、中国、韓国、台湾に工場を設立、ロサンゼルスに事業所を展開しております。
日本国内に留まらずグローバルなビジネス展開を強化し、更なる飛躍を目指して、日々努力をしております。

さらに、私たちは時代に適した経営を行い、業績を伸ばす努力をおこなっております。
海苔の卸し問屋に始まり、業務用海苔原料の供給、コンビニエンスのフィルムのりの製造、市販品への展開と、時代に合わせた商品の提供をしてまいりました。
今後も留まることなく、新分野にチャレンジしてまいります。

当社の経営の基本は、皆様に「信用・信頼される企業」になること。
それを実現するためには、”一歩・一歩”着実に前進すること信念に努力していきます。
今後とも、皆様と共に社会に貢献し続けられるよう邁進してまいります。

代表取締役社長 小林善昭

経営理念

小さなる善を重ねて大を成す 本心清く店は栄ゆる

経営方針

創業100有余年
小善本店は明治27年(1894年)に海苔問屋として創業いたしました。1994年に創業100年、2014年に創業120年を迎えます。100年以上にわたり海苔を主体とする伝統的な食品にかかわりながら歩んでまいりました。
食文化に貢献する
海苔は、1000年以上も前から日本人に親しまれ、伝統的な日本の食材として育まれてまいりました。海苔が、現在のような紙のような形で流通しはじめたのは、江戸時代になってからになります。日本人の「包む」という独特の文化に適応し、日本食になくてはならない食材として親しまれております。当社は、日本の伝統的な食文化である海苔取り扱う企業として、誇りと伝統の重みを感じております。日本人の感性豊かな食文化を継承していくと共に、食生活全体の向上を目指してまいります。
お客様第一主義
当社の「お客様第一主義」とは、お客様に信用・信頼される企業になること。常にお客様に満足していただくことを心がけること。社内に「お客様第一主義」を徹底して浸透させてまいります。当グループならではのスピードを生かした対応、時代のニーズにあったお客様の求める商品開発をしてまいります。主力商品である海苔の可能性を探ると共に、鮭フレークなどでもこだわりを持った商品のご提案、椎茸などの他の伝統的な商品の供給を行ってまいります。従来品にとどまらず、あらゆる食品へと商品開発の可能性を探ってまいります。
自然との共生
四方を海に囲まれた日本人だからこそ産み出すことができた食材、海苔を取り扱う企業として、環境共生型社会への実現を企業の使命として努力してまいります。
明るい社風
社員が日本の伝統食品である海苔を取り扱う企業として誇りを持って仕事に取り組むと共に、明るい未来へと目を輝かせて仕事に励める職場の環境作りを目指します。
会社として、新しいチャレンジをし続けることで実現してまいります。

理念

コーポレートマーク
当社のコーポレートマークは、経営の基本、経営方針を表現しております。
経営の基本である皆様に「信用・信頼される企業」を目指し、「お客様と握手」をイメージしております。
また、当社の主力である海苔をはぐくみ、育てた「海」をイメージした「青」を色使いの基本としました。
また形状は「お客様第一主義」を実現するために、「当社に対しての安心感」と「今の市場に必要なスピード感」を表現しております。

CI作成意図
右記のCI(ロゴマーク)は「お客様との握手」でのコミュニケーションをイメージしているのと同時に、当社が今後国際的に発展していく過程で「Nice to meet you」と握手をしていくコミュニケーションも表現しております。
形状は「当社に対しての安心感」と「今の市場に必要なスピード感」を表現しております。
色は当社と関係の深い海の色と国際的にも代表される「青色」を使用しております。
ページの先頭に戻る